転職活動には写真が大事!?

企業の採用担当者に聞きました!書類選考の際、目に留まるポイントはどこですか?

証明写真

証明写真

人事担当者はまず履歴書の証明写真から応募したあなたが「どんな人なのか」をチェックします。
ビジネスに適切な服装・髪型など基本マナーが押さえられているかもポイント。この写真の印象をもとに志望動機・経歴を読みすすめます。

文字

文字

文字が下手でも、丁寧に誠実に書かれた履歴書は書いた応募者の心が伝わるものです。
「見てもらうこと」を意識して読みやすく、丁寧に記入しましょう。

志望動機

志望動機

写真と文字の印象が良ければ、次に目に留まるのは志望動機です。
人事担当者に『会ってみたい!』と思わせるよう、応募する職種業種に活かせる経験、熱意を具体的な事柄を踏まえてアピールしましょう。

差がつく証明写真

転職活動!
企業担当者が最初に会うのは写真のあなたです。

転職活動でもまずは履歴書やエントリーシートの書類選考から始まることが一般的です。
人事担当者は多くの応募書類に目を通さなければなりません。

履歴書・職務経歴書の内容も大切ですが、一番はじめに目に留まるのはビジュアルで見ることができる
「証明写真」です。

つまり、履歴書の証明写真があなたの第一印象になるのです。
証明写真の印象で書類選考の合否に差がつくことは否めません。

しっかりあなたをアピールできる、フォトスタジオで撮影した証明写真の例をご紹介します。

BOX証明写真 フォトスタジオ写真
ポイント

静止画である写真は、少しの毛先の乱れやハネによって疲れた印象を与えてしまいます。また、あなたに合ったリップカラーや眉ラインは、より洗練されたイメージに魅せることが出来ます。

BOX証明写真 フォトスタジオ写真
ポイント

使用するカメラやライティングによって顔写真には大きな違いが出ます。例えば陰影がなく立体感のない顔は、大きく見えてしまったりすることも。また、きれいで正しい姿勢は好印象な表情を作ります。

印象を変えない、
デジタル修整(フォトレタッチ)で
さらに好印象!

フォトスタジオのデジタル修整では、たまたまできてしまったニキビ、目の下のクマや小じわなどを薄く修整します。
清潔感のあるナチュラルできれいな好印象写真に仕上げます。

デジタル修整についてはこちら
印象を変えない、デジタル修整(フォトレタッチ)でさらに好印象!

全国の厳選フォトスタジオを検索できる!!

お近くのフォトスタジオを探す
ページの先頭へ戻る
Copyright © Selfit All Rights Reserved.